LDLコレステロールとは|悪玉コレステロールを下げる方法とサプリメント

悪玉コレステロールを下げる食品とはどのようなものがあるのでしょう

コレステロールは、細胞膜の作成や筋肉を作るホルモンの原材料や栄養分を分解したりする役割があります。
悪玉コレステロールは主に、これらのコレステロールを体内に供給する役割を担っていますが、増えすぎると血管に溜まり動脈硬化などの病気を引き起こしてしまいます。
他にも、心臓病や癌、脳卒中や糖尿病といった病にもかかりやすくなるので危険です。
そうならないためにも、悪玉コレステロールを下げることが必要になるのですが、悪玉コレステロールを下げるには、食生活の改善や適度な運動、禁煙や節酒などが効果的です。
食生活の改善としては、悪玉コレステロールを下げる食品を日常的に摂取する必要があります。
例えば、オメガ3系の食品である、アマニオイルやクルミなどのナッツ類、水溶性食物繊維である、ニンニクやゴボウ、アボガド、明日葉、オクラや抗酸化食品であるそばや大豆、ウコンや緑茶などです。
他にも、DHA、EPAを多く含む青魚もよいでしょう。
毎日の食事にこれらの食品を取り入れることで、中性脂肪値を減らし、徐々に悪玉コレステロールの数値も減少していきます。
食事から摂取するのが難しい場合には、サプリメントを活用してみるのが良いでしょう。

悪玉コレステロールを減らすクリルオイルの効果

最近人気が集まっているクリルオイルとはいったい何でしょうか。クリルオイルとは、南極のオキアミから抽出されたオイルのことで、たいへん嬉しい効果を持っています。
その一つが血液をきれいにし血流を促すというものです。これは、クリルオイルに含まれているドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸の働きによるものです。例えば、ドコサヘキサエン酸には悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという効果があると言われています。また、もう一つのエイコサペンタエン酸にも同じような働きがあるため、血液をきれいな状態にするのに役立ちます。もちろん、この二つの成分を同時に含んでいる健康食品は他にもありますが、このクリルオイルが推奨されている理由は、非常に吸収されやすいという特性を持っているからです。
私たちの血液の中で悪玉コレステロールの量が多くなってくると、動脈硬化を引き起こすリスクが高くなると言われています。それで、クリルオイルを積極的に摂取することによって、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすなら、脳梗塞や動脈硬化、心筋梗塞や高血圧といった生活習慣病の危険を減らすことができるでしょう。